法人デビットカードのデメリット

引き落とし口座の変更が難しい

デビットカードは、審査に要する時間も少なく、手軽に作れるカードとして知られます。個人向けだけではなく、法人向けカードも提供されていて、会社の業務で生じる決済の際に、デビットカードを用いる企業が増えている状況です。業務で必要になる備品の購入時の支払いや、社員が出張の際にかかる経費の精算時には便利なカードですが、クレジットカードに比べるといくつかデメリットもあります。デビットカードは、銀行口座に付随して発行されるカードであるため、申請時に設定した銀行口座を途中で変更することができません。カードを利用していくうちに、会社の業務都合で取引する銀行を変えたいと考えても、自由に引き落とし口座を変えることはできないのです。

継続課金サービスによっては使えない

業務上の都合により、継続課金が必要なサービスを利用する場合は多いものです。会計のクラウドサービスなど、Webサービスのなかには、デビットカードでは、継続課金ができないケースも少なくありません。会社でクレジットカードを保有していないことで、使えない可能性があるサービスもあることを意識しておきましょう。継続課金のサービスでデビットカードが利用できたとしても、クレジットカードのようなキャッシング枠が付加されてはいないため、口座残高が足りない際には、引き落としができない事態に陥ることも有り得ます。デビットカードを各種の支払いに用いる場合には、引き落とし口座の残高を定期的にチェックしておく必要もあるのです。