付帯サービスで決めよう

海外向けのサービスが充実しているか

法人でデビットカードを作る場合、どんなサービスを利用するのかを考えて作ったほうが利便性の高いカードを手に入れられます。海外に出張する機会が多い企業であれば、海外出張に役立つサービスを付帯しているカードを作ったほうがいいでしょう。特に盗難保険の有無は、万が一海外出張中に購入した商品の盗難トラブルが発生した場合、社の業績に大きく影響します。海外出張の有無によって、トラブル対策がしっかりしているカードを作ることは重要です。また、海外ATMで現地通貨の引き出しが可能かどうかの確認も重要といわれています。サービス内容を理解し、活用することが自社の利便性にかなうカードを作ることにつながるため、参考にしてください。

カードレスデビットも存在する

自社の社員のスマホにアプリを入れさせ、カードレスデビットカードにする方法もあります。ショッピングなどの際に利便性が高く、紛失や盗難の危険性も少ないとされ、人気のサービスです。発行するときに手数料がかかることもなく、経費節減につながることも少なくありません。自社で発行する枚数が多い場合には、アプリで使用できるデビットカードを導入することも検討してください。
また、ポイント還元率も利用するうえで重要となります。利用する金額に合わせて還元率が異なるところや、還元率が一定のところなど会社によって内容がまちまちです。還元率もサービスの一つと考えて利用することも必要となります。トータルで活用することに利便性を感じられるカードを作ることが、自社の経費節減に重要です。